夏目友人帳を観た。なんだか時間がゆっくりすすむ不思議な時間を過ごした。

昨日も書きましたが、わたしは進撃の巨人のリヴァイ兵長の大ファン。
神谷浩史さんの声が好きなのです。

そこで、神谷さんの作品を観てみよう!ってことで昨日からU-NEXTで夏目友人帳を観ています。

夏目友人帳は、ずーーーと神谷さんの声を聴いていられるので癒されますね。
それに、なんだか話も感動的で泣いてばかり(笑)

30代になって、涙もろくなってしまい困りますね~。

でも、夏目友人帳は想像していたお話とは全く違ってビックリですよ。
ゲームセンターに夏目友人帳のニャンコ先生のぬいぐるみがあったりしたので、もっとマニアっぽい話のアニメかと思っていました。
観て見たら感動的な話ばかり~!!!!

これだけシリーズ化されている理由がわかった気がします。

これだけシリーズ化されていて、しかも見放題で観られるのはいいですね~。

あやかしが見られるってのはちょっと怖いけれど…。
わたし、実家で飼っていた飼い犬が亡くなった後、何度か不思議な体験をしたことがあります。

わたしが大学生の時に亡くなってしまった愛犬。
小学生の時に、祖母の近所の家でもらってきた雑種でした。
「ベル」という名前を付けました。
わたしは、ベルと一緒に大人になったと思っています。
いつも一緒だったベル。
家が嫌になって、家でしたい…なんて反抗期だったわたしも、ベルにだけはいろいろな悩みを打ち明けていました。
本当に話をするわけでは無いけれど、目で話をするというか、一緒にいるだけでお互いの気持ちがわかるようなそんな存在でした。

亡くなってしまう瞬間は一緒にいることができませんでした。
わたしは、大学に通っていて、東北に住んでいたのです。
具合が悪いことは知っていましたが。
アゴの下に大きな腫瘍ができてしまいました。
獣医さんに診てもらうと、悪性だとのこと。
ただ、老犬のため手術はできないだろうと。

日に日に大きくなってしまい、最終的にはわたしのこぶしくらいの大きさになってしまいました。
夏休み、家に帰ってきた時に、ベルはいきなり歩けなくなりました。
ふらふらして、吐いてしまったり。
わたしを待っていたかのように。
わたしの目の前でいきなり具合が悪くなりました。
その日の朝は元気に散歩に行ったと母から聞いています。

病院に行き、やっぱり腫瘍のせいだろうと言われました。
父は、もう安楽死させた方がいいと言っていましたが、わたしにはそれができませんでした。
ものすごく痛かったかもしれません。気持ち悪かったかもしれません。
でも、安楽死という選択肢がわたしの中で見つけられませんでした。

冬のわたしの国家試験の日を待って、ベルは亡くなりました。
わたしに悲しくて勉強ができなくならないようにと頑張ってここまで生きてくれたんだと今でも思っています。
その後、家に帰ると何度かベルを見かけることがありました。
外で飼っていたので、外の自分の居場所に座っていたり、クンクンニオイをかいでいたり。

何年かして、実家に新しいパグがやってきました。
そのパグも、去年の10月に亡くなりました。
母の大切にしていたパグ。
母は、パグのために遺影のまわりに写真立てで写真をたくさん飾ったり、パグのぬいぐるみを買ってきたり。
とにかく、家はパグだらけになりました。
ペットロスになってしまった母。
もちろん、ベルだって一緒に母も飼っていたんです。
ベルだって家族の一員。

そんな状況をベルは空の上から見ていたのかある日わたしの夢に出てきました。
「ジャーキーが食べたい」そう言われた気がしました。
そんな夢を見た日、母にその話をすると、なんとその日はベルの命日。
母も、パグのことばかりになっていて、ベルを平等に扱わなかったことをすごく反省していました。
もしかすると、やきもちを焼いてしまったのかもしれません。
なので、次の日わたしは実家に帰り、ベルとパグの分のジャーキーを持ち、お供えしてきました。

それからというもの、ベルは一切夢には出てきません。
きっとジャーキーのおやつがおいしかったんだと思います。
そんな不思議な体験。
夏目友人帳はそんな人との絆というか大切なものを思い出させてくれるようなアニメでした。

ぜひぜひ、気になる方は公式サイトを覗いてみてくださいね!









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

3歳の息子、0歳の娘、夫との4人暮らし。
現在、育児休暇真っただ中。
産休、育休中に自宅で仕事ができるようになりたいと日々勉強中。
理系国家資格を持つが、子供とできるだけ過ごしていたいので、在宅ワークができるようなスキルが欲しいと思っている。
流行のコスメ、サプリメント、雑貨などが好きで、モニターが趣味。