子供が産まれました!

更新ができていませんでした。
やっと!やっと!やっと10日に娘が産まれました。

結局、5日の予定日より5日遅れての出産です。
40週5日で、息子の時と同じ週数になりました。

9日の検診で、Drから今後の予定について家族の方と一緒に話をしましょうと言われ、急きょ夫が呼ばれました。
Drの提案は3つ。
予定日を過ぎたため、12日まで様子を見て、13日から入院。
1.13日から入院し、そのまま陣痛が来るのを待つ。
2.だんだん羊水も少なくなってしまうので、促進剤を使用して、13日に出産。
3.12日に入院して、日時を決めて帝王切開する。

どうしますか?と言われました。
夫は、わたしに任せるとのこと。
わたしは、予定日を過ぎたのならどうしても10日に出産したいと言いました。
10日はわたしの33歳の誕生日です。
誕生日を一緒にしたくて、Drに無理を言ってみました。
この日は9日。
そうです!
次の日に出産したい!!とワガママを言いました。
そしたら、DrあっさりOKを出してくれてビックリ。
そんな急じゃダメだよ!とか言われるのかと思っていただけに嬉しかったです。
そのまま入院になりました。
9日の夕ご飯を病院で食べて、10日は朝6時から陣痛促進剤の点滴を開始するため早めに就寝。
ただ…
この日の夜、お腹が痛くて1時間しか眠れませんでした。
前駆陣痛なのか、陣痛なのか2分おきくらいに痛くなってしまいひたすら痛みと戦い…
今、産まれると深夜料金かかるし…とかよくわからないことを考えて我慢!
朝の4時くらいに眠ってしまったようです。
5時になって看護師さんに起こされました。
NSTのモニターを付けられて、現在のお腹のハリを調べますと言われました。
ただ、朝5時の段階では夜中のお腹の痛みはだいぶ良くなっていて、強いハリはあるものの2分置きのハリは無くなっていました。
お腹が張るとだいぶ痛みが出るようにはなっていたので、このまま促進剤を使用しなくてもこの日か次の日あたりには本陣痛が来ていたんじゃないか?と思います。

浣腸をされて、陣痛室に行き、点滴開始。
まずは、少量からとのこと。
点滴開始して、数分後ハリが出てきました。
この段階で、4分おきくらいのハリ。
30分経過して、量を増やすと言われました。
量を増やしてからは2分おきくらいのハリ。
だいぶ痛みが出ています。
Drが内診すると言って、子宮をグリグリされました。
子宮口は4センチ。
まだだね…卵膜剥離しましょうと言われました。
この卵膜剥離がものすごーーーく痛くて、泣きそうになりました。
息子の時は、卵膜剥離なんてされなかったので、何の意味があるのかわからなかったので、Drがいなくなってからスマホで調べましたよ。
なんだよ、この激痛は!!!と。
そしたら、この卵膜剥離をすることで、陣痛が起きることがあるそうです。
Drは、促進剤よりも、自分の陣痛を起こさせる処置をしてくれたんですね。
この処置のおかげか?陣痛がさらに痛くなり、出血もありました。
また、点滴の量を増やされてからはもう地獄のような痛みです。
午前9時くらいに痛みがだいぶ強い中、朝食が運ばれてきました。
陣痛がおきていないい2分の間に食べる…痛い…食べる…痛い…の繰り返し。
体力を使うから、なるべく食べなきゃ!と思い、時間がかなりかかりましたが、完食。

もう限界だ!と夫を呼び、痛みに耐えていましたが、こんなにも早く陣痛が2分間隔になって、痛みもものすごく強くなっていくことに気持ちがついて行きません。
自然と涙が出ていました。
泣いても仕方無いと思っているのですが、身体と、気持ちが別々の状態。
息子の出産は13時間かかったのに、今回の出産はこの時点で3時間くらい。
促進剤は痛い!と聞いていたので、これが促進剤の力か!!と思い知らされました。

泣いていると、Drが来て「ちょっと薬が強すぎるかな?」と点滴速度を調節してくれました。
速度弱められるならば、もっと早く調節してくれれば…なんて思ったら、涙が出なくなりました。
もう痛みがMaxで、呼吸ができず全身がしびれ始める。
助産師さんが内診してくれて、子宮口7センチ。

7センチと聞いて、シュックを受けていると、助産師さんがもう分娩室行こうか!と言うので、なにかの間違えなんじゃないか?と思いました。
10センチ開かないと、分娩室には行けないと思い込んでいたのですが、経産婦のためここからは早いと助産師さんが言っていました。
陣痛の波が何回かあり、手は震えてしまい、ちゃんと呼吸もできない。
やっと、破水してもらって力んでいいと言われ2回ほど陣痛と一緒に力んだら産まれました!!
陣痛開始から3時間半のスピード出産。
Drからは、今日産まれるといいね~くらいに言われていたので、もっと時間がかかるのかと思っていましたが、ちゃんとお昼ご飯も食べられるくらいの10時28分に出てきてくれました。
今回は、会陰切開も無く傷も全く無く、縫われずに済みました。
体力も、そこまで消費してないし、傷も無いからか息子の時に比べると明らかに自分が元気だとわかります。

妊娠中のエコーでは2500g前後と言われていた赤ちゃん、産まれてみると2956gもありました。
エコーの段階で、だいぶ小さいので心配して胎児の成長が遅れている理由とか調べていたわたしですが、産まれてみるとまったく問題はありませんでした。
やっぱりエコーはエコーであって、誤差もあるんだとわかった瞬間でもあります。

5日間入院をし、退院した日には、息子がお腹が痛いというので、赤ちゃんを実家に預けて、さっそく息子を小児科に連れて行きました。
母は休めませんね。床上げはまだ先だと思っていましたが、わたしの床上げは退院日でした。
その後は、休むことなくせっせと家事をしたり、チョコの散歩にも行っています。
こんなに早く動けるようになったのも、陣痛時間が短かかったからなんだろうとは思いますが。

またブログを書ける状態になったので、更新していこうと思います!

ABOUTこの記事をかいた人

2児のワーキングマザー。 いつまでもキレイでいたいという思いから、ブログを開始。 子育てママさんにも使いやすいコスメを紹介しています。 また、子供が小さくてなかなか働けないママさんのために、わたしが実践してきた在宅ワークなども赤裸々紹介中! 子宮頸がんで、子宮全摘することになり、最近は闘病記多め。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA