ウッドデッキが欲しい!!女子が作る!ウッドデッキDIY計画書!その1 ウッドデッキの種類を知る

先日、実家に行くとなんと父手作りのウッドデッキが!!
0.25坪くらいの小さなウッドデッキ。
でも、そこに腰かけて母と二人で麦茶を飲んで涼んでいる姿をみているとなんだかとってもうらやましい…。

我が家は、新築で家を建てたものの、外構は何もしていません。
色々考えて見積もり出してもらったりもしたのですが、息子を妊娠して悪阻がひどく中断。
そのまま放置している状態です。
でも、父がウッドデッキを作ったことでわたしのDIY魂に火がついたーーー!!

わたしもウッドデッキが欲しい♪
家は、ウッドデッキを付けるために、ちょっと家の形に凹みを付けました。

そうです!!
わたしも最初からウッドデッキが欲しかったんです。
でも、予算の関係で家を建てた時は断念。
付ける予定の場所だけ確保。

一向にウッドデッキがつけられる予定も立たないので、自分でDIYしちゃおう!と決心しました。

まずはいろいろ調べてみることに。

ウッドデッキの種類って?

まずはDIYができるウッドデッキというか、自分で組み立てるタイプのウッドデッキを探しました。
すると大きく分けて2種類あることがわかりました。

ひとつは天然木のウッドデッキ。

by カエレバ

 

↑これを購入ようと最初は考えていました。
理由は、お手頃価格だったから!
こんなに安いならばDIYの方がお得!!!
なんて思ってこのウッドデッキを作る気マンマンのわたし。

ただ、天然木のウッドデッキにも長所と短所があるようです。

天然木の長所は…
●自然のぬくもりを感じられる
●何と言ってもお手頃価格
●木なので日光に当たっても熱くなりにくい

天然木の短所は…
●耐用年数はメンテナンスをしっかりしても5、6年
●防腐、防水、白アリ対策用のメンテナンスをしなければならない

っとまぁこんな感じでしょうか?
メンテナンスは問題ないと思っていました。
ペンキで色を塗ったりは好きなのでステインを使ってきれいなウッドデッキを維持すればいいやと。

by カエレバ

 

こんな感じのステインで好きな色に変えるのもステキだなって♪

ただ問題が!!!
耐用年数が約5年…。
ずっと使えないのはちょっと…ですよね。
メンテナンスしないと、1、2年で天然木は腐ってしまうらしい
わたしの購入しようとしていたウッドデッキ「キュート」シリーズは防腐剤が注入されているようなので、もう少し持ちそうですね。
自分でキュートをDIYした方のブログを探してみたのですが、なかなか見つからない…。
購入した方のレビューを見ても、どのくらい腐らずに使えたのか書いていなかったので耐用年数はよくわかりませんでした。

DIYできるのはソフトウッドと呼ばれる柔らかい木材だそうです。
ハードウッドの天然木ウリンは固いのでDIYには向かないとか。
耐用年数はウリンの方がいいみたいですけどね。

女子でも作れるってことで天然木も魅力的ですが、やっぱり頻繁に作り直すのはちょっと年を取った時など大変そうなので今回は辞めます。

天然木よりも、現在メジャーなのが人工木(樹脂)のウッドデッキ。
今、わたしが購入を考えているのがこちら↓

by カエレバ

 

大きさは2坪。
人工木だけれど、見た目は天然木のような感じ。

人工木のウッドデッキの長所は…
●メンテナンスが楽。

人工木のウッドデッキの短所は…
●天然木に比べて高い。
●日光に当たると熱くなってしまう。

こんなところでしょうか?
天然木に比べるとやっぱり値段は2倍以上。
耐用年数は数年ってわけではないようだし、わたしは人工木のウッドデッキを作ることにしました。

ちょっと長くなってしまったので、計画書1はここまで。
また続きを書きますね~。では!!









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

3歳の息子、0歳の娘、夫との4人暮らし。
現在、育児休暇真っただ中。
産休、育休中に自宅で仕事ができるようになりたいと日々勉強中。
理系国家資格を持つが、子供とできるだけ過ごしていたいので、在宅ワークができるようなスキルが欲しいと思っている。
流行のコスメ、サプリメント、雑貨などが好きで、モニターが趣味。