ブログやSNSでの見バレについて。どこまで個人情報を載せるか考える。

こんにちわ♪
今日はとってもいい天気!
もう少ししたら、子供たちとお散歩に行ってきたいと思います。

それはそうと、今日は完全に私的なお話です。

わたしは、このブログのほかにもTwitterや、インスタグラムfacebookをやっています。
facebookは完全にプライベート。
なので、全体には公開していないし、本名でやっている。
でも、Twitterは、ブログと連携しているためプライベートではなくて、匿名でやっているんです。

JUGEMでブログを書いていたときに、Twitterのアカウントが身近な友達にばれてしまい、ブログもばれてしまったのでワードプレスに移行しました。
本当は、もっとご当地的なネタを書きたいなって思うときがあるのですが、あまりにご当地だと色々なきっかけで見バレするのが怖いと思っています。
まぁ、わたしを知っている人が見ればわたしだということはすぐにわかるとは思うのですが。

ふとご当地ブログを書いてみようかな?って思うことがあるんです。
わたしの住んでいる地域は田舎だけどいい所もたくさんあるので、そのいい所をもっともっと発信したいなって。
でもご当地ネタで範囲が狭くなればなるほど見バレする危険もある。

身バレしてもいいのでは?と思う人もいるかもしれませんが、やっぱり知っている人に向けて書く記事と、知らない人向けだから書ける記事ってあると思うんですよね。
知っている人向けならば、やっぱり病気の事も書けないし(心配されて、気を使ってほしくは無いので。)、本音だって書けない。
でも、知らない人向けだと独り言のように、気にせずに更新ができてわたしはこの環境が好きなのです。

ネットは世界中の誰が見ているかもわからないし、わたしはいいとしても、子供たちや夫に迷惑はかけたくないので細心の注意ははらっているつもり。

それにしても…
Twitterで見バレしたときは焦った焦った
だって、近所に住んでいる友達がわたしのTwitterにコメントしてて
え???
理解不能ってなったから(笑)

子宮頸がん検診で高度異形成の診断結果が出たときの事とかも書いてて、病気バレたかも…って血の気が引いた。
わたしが、知らない間に連絡先を同期してしまったんだろうけど、今でもどうしてそんなことになってしまったのかよくわからない。
facebookだって、ここの所「知り合いかも?」の通知が数時間起きに届く。
今までこんなに通知来なかったのに、なぜか全く知らない人まで通知が届いていて、「わたし」のこともこうやって知り合いかも?で届いているのか?と思うとちょっと怖い。
わたしの個人情報なんて大したことじゃないのかもしれないけれど、炎上騒ぎだったりいろいろターゲットにされると怖いですからね。
事件があると、参考画像がfacebook。
どうやってあの画像を手に入れているんだろう?と思ってしまう。
みんながみんな全体に公開しているわけでは無いですよね?
何で顔画像が出てくるんでしょうか?
死後に、アカウントの管理を任せられる人を決めてくださいっていう内容のお知らせも届いて、こんなことまで出来るのかと。
わたしが死んだら、アカウントは誰かに削除してもらいたいけれど、それを友人に頼むことなんてできないし…。
夫や妹はfacebookはやっていないし、これ一人に決めるのはちょっと困る。

色々考えていると、やっぱり無難なことしか載せられない。
まぁ、ある程度話題を絞って書いているからこそ平和に書けているのかもしれないけれど。

昔の話だけれど、わたしが魔法のiらんどでHPを作っていたころの話。
高校時代。
わたしのHPを荒らす人が現れた。
あの当時は、特にネットは怖いっていう認識はあまりみんな無くてなぜか荒らしさんと仲良くなって、メアド交換して結局リアルで会う友達になったなぁ。
同い年の高校生だった。
男の子だったけれど。
今の時代はそんなこと絶対無理だ(笑)
昔はまだそんなにネットが主流では無かったし、スマホだってなかったしね~。
今考えるとちょっと怖い。
大学に行くようになって、連絡取らなくなってしまったあの荒らし君。
元気にしているんでしょうか?
きっとネットが好きだったから今でも何かネットに関わることはやっているんだと思うけれど。
懐かしい(笑)

っとまぁ、今日はちょっと個人情報について考えてみたので無駄に書いてしまいました…。
スルーしてもらって大丈夫です!









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

3歳の息子、0歳の娘、夫との4人暮らし。
現在、育児休暇真っただ中。
産休、育休中に自宅で仕事ができるようになりたいと日々勉強中。
理系国家資格を持つが、子供とできるだけ過ごしていたいので、在宅ワークができるようなスキルが欲しいと思っている。
流行のコスメ、サプリメント、雑貨などが好きで、モニターが趣味。