10年後の自分にガッカリしたくない方へ。今からスキンケアをする理由とは?

子育てをしているとあっという間に1年、また1年…
気付けばもう出産してから何年も経ってしまった。
自分にかける時間や、お金なんて無くて、ほとんど子供のため。
髪はボサボサ、肌はボロボロ。
若かった時の自分はどこへ?
やっと手がかからなくなった子供、そろそろ自分へのご褒美として
自分へお金をかけてもいいかな?
そう思った時、すでにあなたは手遅れだったとわかるはずです。
毎日バタバタしていて、自分に気を使っていられないこともよくわかります。
実際に、わたしも子育てをしているから。
それでも、わたしは自分と向き合う時間を大切にしています。

そう。

10年後だってわたしは素敵な女性でいたいと思っているから。

10年後、おばさんになっているか、素敵なママさんになっているか。
それって、今どれだけ自分をケアしてきたかによってかなり変わる事です。
毎日のたった10分のケアが、10年後の自分を変えるとしたら?
今日からスキンケア、ボディケアをしない理由がありますか?
せめて、化粧水、乳液、クリームを使って「保湿」をして寝てください。
お肌を乾燥させることが肌老化の原因になります。

今からスキンケアをするメリットとは?

  • 子育てをしながらお肌のキレイなママになれる。
  • 見た目年齢が若くなる。
  • ママでもあり、一人の女性として自信が出てくる。
  • 子供や夫との外出が楽しくなる。
  • お肌がきれいになると、メイクにかける時間が短縮できる。
  • 子供たちが自慢したくなるようなママになれる。
  • 自分がきれいだと自信が出てくることで、女性らしくなる。
  • 夫との関係もうまくいくようになる。(夫をガッカリさせずに済む)

などなど。

もちろん、子供のことで毎日忙しいのもわかります。
幼稚園、保育園の送り迎えに、自分の仕事、食事を作って、掃除、洗濯…
子供たちをお風呂に入れて、あっという間に1日が終わる。
スキンケアなんてやっている時間が無い。

息子が生まれたばかりの時はわたしもそうでした。

ただ、ある日思いました。
わたしは「ママ」だけど、「自分」を捨てたわけでは無い!と。
「●●くん、●●ちゃんのママ」になったけれど「女性としてのわたし」をどこかに置き忘れてきたわけでは無い。
「女性として」まだまだ輝きたい!という気持ちを押し殺して育児に専念していたわたしは
やっぱり今の自分は、理想とする自分では無い
そう感じました。

人生1度きり。

もちろん、子供たちのために生きる人生もありだと思います。
でも、自分によく聞いてみてください。

あなたは、少しでもキレイな女性でいたいと思いませんか?

ちょっとでもそう思うことがあればぜひ今日からしっかりとスキンケアしてください。
きっと10年後、やってて良かったと思う日がくるはずです。

毎日10分でいい。自分と向き合う時間を作ってみてください。
10分でできるスキンケアだってたくさんあります。
忙しくて何もできないと思うのならば、オールインワンクリームから始めてみてもいいんです。

あなたのできることから始めてみてください。
自分と向き合うことで、育児や家事から解放されて一人の女性になれる時間ができます。
すると、忙しくイライラしていたことがスーッと楽になり、ストレスもだんだんと減ってきます。
ストレスを常時感じていることは、やはりお肌にはよくありません。

ストレスで食べてしまい、太ってしまった…なんてこともよく耳にしますね。

自分に自信が持てれば、わたしは色々なことがうまくいくようになると思っています。

あなたの人生、もう一度見直してみてください。

このまま「おばさん」になる道を選びますか?
「綺麗なママ」になる道を選びますか?

もうおばさんでいいやと思う方はこのブログはつまらないと思います。
少しでも子育てママさんが内面的にも、外見的にも「キレイ」でいられるような情報を発信したいと思っているので。

綺麗なママ、素敵な女性になりたい!!と思う方、ぜひわたしと一緒に美容研究していきましょう!

自分の人生です。

自分自身を大切にしてください♥

Misato

投稿者プロフィール

2児のワーキングマザー。
いつまでもキレイでいたいという思いから、ブログを開始。
子育てママさんにも使いやすいコスメを紹介しています。
実際に使ってみたからこそわかる情報を発信中!

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Translate:

ピックアップ記事

  1. 今日は、ちょっとした疑問に答えてみたいと思います。 先日書いたように、日本で使える美容液としては「…
  2. 手術が成功してから、ひたすら出血が続いていました。毎日生理3日目くらいの出血。 ずっと子宮に溜まっ…
  3. 30代半ばになり、最近、傷ができると、その後、傷がきれいに治らないのです。 色素沈着しちゃうと、傷…
  4. ヒトプラセンタっは、日本では注射薬(メルスモンなど)しか認可されていないので、ヒトプラセンタの配合さ…

Rankingに参加中

全てのカテゴリー

アーカイブ

閲覧数

  • 182416総閲覧数:
  • 456今日の閲覧数:
  • 405昨日の閲覧数:
  • 2017-02-08カウント開始日:
ページ上部へ戻る
Translate »