白いポツポツ、ミズイボだ~!!液体窒素で焼くの?ピンセットで取る?これってうつるの?

ミズイボ(伝染性軟属腫)といえば…。
わたしはよくミズイボになっていました。
液体窒素でも焼いたし、ピンセットでも取りました。
でも、これって今は子供には怖いし、痛いからって理由で議論になっているそうですよ。
確かに、痛かった!!
取っちゃえばすぐに治るけれど…。

顔にできたときはピンセットで取ったけど、傷だらけで嫌だったのをよく覚えています。

CreativeMagic / Pixabay

ミズイボの原因は?

伝染性軟属腫ウイルスというウイルスが、ミズイボの白い部分にウイルスがいるそうです。
このイボが破けてしまうことにより、ウイルスが広がり感染します。

主な感染経路は接触感染です。
イボが破けてしまい、浸出液を触ることによって感染します。
特に、アトピー症状の出ているときや皮膚が弱くなっているときに感染しやすいようです。

ミズイボの症状は?

特に痒みがあったり、痛みがあったりはありません。
わたしが感染したときも、特に痒かった記憶はありません。
イボは一般的なイボとは違って、大きさは1~3mmくらいの小さな半球型のイボです。
表面はツルツルしていて、中心が少しくぼんでいます。
手、足、身体などに数個~数十個出てくることがあります。

ミズイボの潜伏期間、感染しやすい期間って?

潜伏期間

2~7週間程度です。
時に6ヶ月まで及ぶ事があります。

感染しやすい期間

不明。
ただ、イボが破れてしまい浸出液が出てしまったときに感染してしまうため掻き壊したりしないようにしてください。

ミズイボと診断されたら、登園できる?プールは?

治療をしながら登園ができます。
昔は、プールも入れませんでしたが、現在はプールは入っても問題は無いと言われていますが、息子の通っている保育園ではプールには入れません。
掻き壊しがある場合はきちんとガーゼなどで覆ってから登園してください。

ミズイボの治療方法は?

最初に書きましたが、数が少ない場合は、ピンセットで取ったり、数が多い場合は液体窒素で焼く方法があります。
わたしはどちらもやってことがありますよ。
正直、痛いです…(泣)

でも、この方法、今議論になっているそうです。
ミズイボって時間はかかりますが自然に治癒するそうで、無理に除去しなくてもいいのでは?と言われています。
ただ…
自然治癒を待っている間に、皮が破けて浸出液が出てきてしまうと感染してしまうので、早めに除去した方がいいのかどうか考えてしまいますね。
うつしてしまうかも?と思うと、早めにとってしまった方がいいような?

ミズイボの予防方法は?

ワクチンは無いので、ミズイボの症状が出ている箇所に直接触らないように気を付けてください。
掻き壊さないよう注意することも大切です。
痒みはありませんが、お子様が気にして傷つけないようにしてくださいね。


子供を菌やウイルスから守りたいママさんにオススメ!
キユーピーの除菌スプレー K Blancheって知っていますか?
アルコールでは効果の無いウイルスにも使えるのに、小さい子供がいる家庭でも安心して使える除菌スプレーです。
卵由来の成分からできているので、口に入るものでも気軽にシュっとスプレーできますよ。
漂白剤に使われている成分の次亜塩素酸ナトリウムなど刺激が強い成分はあまり使いたくない…と思っているママさん!
ぜひキユーピーの除菌スプレー K Blanche使ってみてください!

わたしが使ってみた感想はこちらに書いています↓↓
良かったら読んでみてくださいね!

だんだんと涼しい日が増えてきて、過ごしやすくなってきましたね。もう秋です♪涼しくなって良かったと思ったものの、そろそろウイルス性胃腸炎やインフルエンザの季節。...


↓キューピーの除菌スプレーについては公式サイトを覗いてみてください!↓
[btn class=”big lightning”]5秒でウイルスを99.9%除去 K Blanche[/btn]


Misato

投稿者プロフィール

2児のワーキングマザー。
いつまでもキレイでいたいという思いから、ブログを開始。
子育てママさんにも使いやすいコスメを紹介しています。
実際に使ってみたからこそわかる情報を発信中!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. エイジングケア成分として話題のプラセンタ。 わたしも、今までプラセンタ配合の化粧品を何種類も使って…
  2. 美容目的で「ヒルドイド」を処方してもらう女性が多く、医療費高騰の原因になっているというニュースを目に…
  3. 2019年、今年はなんとしてもシミ・そばかす対策をしたい!そう決めている方に朗報です! 今、話題に…
  4. 30代後半から増えるお肌の悩み。 毎日ケアしているつもりなのに、なぜこんなにもお肌の状態が悪くなっ…

Rankingに参加中

全てのカテゴリー

アーカイブ

閲覧数

  • 167432総閲覧数:
  • 237今日の閲覧数:
  • 669昨日の閲覧数:
  • 2017-02-08カウント開始日:
ページ上部へ戻る