赤ちゃんの初めての発熱、どうしたらいいの?これって突発性発疹では?いつから登園できる?

息子が初めて熱を出したのも突発性発疹
初めての熱であたふたしていると、だんだん体中にボツボツが!!
特に、お腹にすごくボツボツが出てきてしまったビックリした記憶があります。
娘はこれからだと思うので、改めて勉強してみました。

Myriams-Fotos / Pixabay

突発性発疹の原因は?

ヒトヘルペスウイルス6及び7型に感染することにより発症します。
1度罹るともう罹らないと思っている方も多いですが、2度罹る場合もあります。
1度目の原因は、ヒトヘルペスウイルス6型、2度目がヒトヘルペスウイルス7型が原因の突発性発疹が多いです。
初めての発熱と言われるだけあって、赤ちゃんに好発する病気です。
生後6か月から18か月(24か月くらいまで)の間に罹ることが多いです。
5歳以上ではまれです。

感染経路は飛沫感染、経口感染、接触感染です。

突発性発疹の症状は?

38℃以上の高熱が3~4日間程度続きます。(初めての高熱である場合が多い。)
その後、身体を中心に赤い発疹が出てきます。
顔や、足の発疹はあまり出ません。
発疹は1~2日程度で消えていきます。
息子はお腹が物凄く赤くなりました。皮膚が見えない!!ってくらい発疹で埋め尽くされてビックリ。
お腹が緩くなることがあります。
熱が高くなる傾向にありますが、咳や鼻水は少ないので、風邪とはちょっと違うかな?と気づけると思います。
機嫌もそこまで悪くなることはありません。

ただ、熱が高くなるため、熱性けいれんを起こすことがあります。
また、合併症として他にも、脳炎、肝炎、血小板減少性紫斑病等があるため、体調が少しでもおかしいなと思ったらすぐに受診してください。

突発性発疹の潜伏期間、感染しやすい期間って?

潜伏期間

約10日程度です。

感染しやすい期間

感染力自体はそれほど強くはありません。
ただ、発熱中は感染力があるため、注意してください。

突発性発疹と診断されたらいつ頃登園できるの?

登園の目安としては「解熱後1日以上経過し、全身症状が良いこと」と厚生労働省の「保育所における感染症対策ガイドライン」では記載されています。

通っている園によって違うと思いますので、感染してしまったらまずは園に確認してみてくださいね。
息子がかかった時は、発疹が出てきたらもう登園して大丈夫だと言われました。

突発性発疹ではどんなお薬が出るの?

対症療法になります。
我が家は、抗生剤を出していただきましたが、発疹が出てきて突発だとわかると、抗生剤は中止になりました。
その後は、特になにもせずに自然に発疹が消えるのを待ちました。
熱が下がってしまえば特に何もしなくて大丈夫なようです。

突発性発疹の予防方法は?

特にワクチンはありません。
これと言った予防方法は無く、だいたいの子供がかかると言われています。
ただ、1人突発性発疹になったからと言って、園で流行してしまうということも無いようなので安心してください。


子供を菌やウイルスから守りたいママさんにオススメ!
キユーピーの除菌スプレー K Blancheって知っていますか?
アルコールでは効果の無いウイルスにも使えるのに、小さい子供がいる家庭でも安心して使える除菌スプレーです。
卵由来の成分からできているので、口に入るものでも気軽にシュっとスプレーできますよ。
漂白剤に使われている成分の次亜塩素酸ナトリウムなど刺激が強い成分はあまり使いたくない…と思っているママさん!
ぜひキユーピーの除菌スプレー K Blanche使ってみてください!

わたしが使ってみた感想はこちらに書いています↓↓
良かったら読んでみてくださいね!

だんだんと涼しい日が増えてきて、過ごしやすくなってきましたね。もう秋です♪涼しくなって良かったと思ったものの、そろそろウイルス性胃腸炎やインフルエンザの季節。...


↓キューピーの除菌スプレーについては公式サイトを覗いてみてください!↓
[btn class=”big lightning”]5秒でウイルスを99.9%除去 K Blanche[/btn]


Misato

投稿者プロフィール

2児のワーキングマザー。
いつまでもキレイでいたいという思いから、ブログを開始。
子育てママさんにも使いやすいコスメを紹介しています。
実際に使ってみたからこそわかる情報を発信中!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. エイジングケア成分として話題のプラセンタ。 わたしも、今までプラセンタ配合の化粧品を何種類も使って…
  2. 美容目的で「ヒルドイド」を処方してもらう女性が多く、医療費高騰の原因になっているというニュースを目に…
  3. 2019年、今年はなんとしてもシミ・そばかす対策をしたい!そう決めている方に朗報です! 今、話題に…
  4. 30代後半から増えるお肌の悩み。 毎日ケアしているつもりなのに、なぜこんなにもお肌の状態が悪くなっ…

Rankingに参加中

全てのカテゴリー

アーカイブ

閲覧数

  • 167481総閲覧数:
  • 286今日の閲覧数:
  • 669昨日の閲覧数:
  • 2017-02-08カウント開始日:
ページ上部へ戻る