子供の発熱、喉の痛み、発疹??それって溶連菌感染症かも??A群溶血性連鎖球菌に感染したら登園ってできるの?

息子が保育園に通いだしてから感染する子供がとても多いことに気が付いた「溶連菌感染症」
息子はまだ感染したことがありません。
これから感染するかもしれないので、調べてみました。

Myriams-Fotos / Pixabay

溶連菌感染症の原因は?

A群溶血性連鎖球菌(A群β溶血性連鎖球菌)という菌が上気道に感染してしまったことによる感染症です。
主な感染経路は、飛沫感染、経口感染、接触感染。

溶連菌感染症の症状は?

代表的な症状は、突然の発熱(38~39℃程度)、咽頭痛(のどの痛み)です。
いちご舌や、しばしば嘔吐を伴うこともあります。

乳幼児では咽頭炎が主で、あまり熱が上がらないと言われています。
年長児や成人では扁桃炎になることが多いです。
痒みのある粟粒(ぞくりゅう)大の発疹が出ることもあります。

発赤毒素に免疫のない人は猩紅熱(しょうこうねつ)といわれる全身症状が出る場合があります。
(猩紅熱の症状は発熱、頭痛、咽頭痛、四肢痛、悪寒、紅色の小さな発疹が全身に出ます。)

風邪と違う所は、咳や鼻水が出ないという点。
感染後、数週間してリウマチ熱や急性糸球体腎炎を合併することもあるため、治療のための薬は医師に処方された分はちゃんと服用することが大切です。

溶連菌感染症の潜伏期間、感染しやすい期間って?

潜伏期間

まだ症状が出るか出ないかの潜伏期間は、だいたい2~5日。
とびひだと7~10日も潜伏していることがあります。

感染しやすい期間

適切な抗菌薬で治療を始めて、抗菌薬を飲み始めてから24時間が経過するまでは感染しやすいため注意してください。

溶連菌感染症と診断されたら、登園できる?

登園の目安は「抗菌薬内服後、24~48時間経過していること」と厚生労働省の「保育所における感染症対策ガイドライン」では記載されています。
もちろん、登園できるようになっても、お医者さんでもらった薬は続けてくださいね。

溶連菌感染症と診断された時のお薬は?

症状が喉の痛みや、発熱が主なので、その痛みや熱を和らげる薬を出してくれるお医者さんもあるそうです。
ただ、菌に感染しているため、その菌に効く抗菌薬を5~10日飲み続けなければなりません
お薬を飲み始めると2~3日で発熱は良くなりますが、それでも抗菌薬は飲み続けます。
溶連菌を確実に体の中から排除して、その後重大な合併症を引き起こさないためにも、大変かもしれませんが処方された分は飲みきってしまってくださいね。
子供に抗菌薬を飲ませるのって本当大変です。
だって、苦いんですもん!!大人がちょっと舐めてみたってとても苦い。
そんな薬を10日も飲ませるなんてかわいそう…と思う方もいるかもしれませんが、重大な合併症にかかってしまうことの方がもっとかわいそうです。
大切な子供のためにもしっかりお薬は飲ませてあげてくださいね。

溶連菌感染症の予防法は?

飛沫感染、接触感染、経口感染を防ぐためにも、手洗い、うがいをしっかりとしてください。
子供が溶連菌感染症にかかってしまった場合、家族の方へも感染してしまう可能性もあります。
特に、小さな弟、妹など一緒に遊んでいる兄弟には注意してください。

喉が痛いときに食べてもいい物、食べない方がいい物

溶連菌感染症の特徴はのどの痛み。
のどに刺激の強いものは避けましょう。
辛いもの、熱いもの、すっぱいものなどはなるべく食べないように。

また、嘔吐を伴うこともあるため、なるべく消化のいいもの(おかゆ、煮込みうどん、煮込んだ野菜など)を食べるように心がけてくださいね。
発熱していると、体の水分が失われてしまうことがあるので、水分は多めに摂ってください

熱が下がらなかったら?

お医者さんに行って、抗菌薬をもらった後にだいたい2~3日で熱が下がることが多いですが、熱が全く下がらない、もっと熱が出てきてしまった、のどの痛みがひどく、水分も摂れないなど症状が改善しない場合は、すぐにまた受診してください。
特に、小さい子供は、自分の症状を口に出して伝えることができません。
少しでもおかしいなと思ったら、すぐに受診して、医師の指示に従ってくださいね。

また、登園の目安など、通っている保育園や幼稚園、こども園によって違うかと思います。
溶連菌感染症にかかってしまったら、通っている園に登園の目安について確認してみてください。

今日は、溶連菌について調べてみました。
息子も、娘もまだ感染したことは無いため、症状について知っておくって大切ですね♪


子供を菌やウイルスから守りたいママさんにオススメ!
キユーピーの除菌スプレー K Blancheって知っていますか?
アルコールでは効果の無いウイルスにも使えるのに、小さい子供がいる家庭でも安心して使える除菌スプレーです。
卵由来の成分からできているので、口に入るものでも気軽にシュっとスプレーできますよ。
漂白剤に使われている成分の次亜塩素酸ナトリウムなど刺激が強い成分はあまり使いたくない…と思っているママさん!
ぜひキユーピーの除菌スプレー K Blanche使ってみてください!

わたしが使ってみた感想はこちらに書いています↓↓
良かったら読んでみてくださいね!

ウイルス性胃腸炎やインフルエンザが流行する季節。そろそろ除菌スプレーを常備しよう!子供がいる家庭にオススメの除菌スプレーって?
だんだんと涼しい日が増えてきて、過ごしやすくなってきましたね。もう秋です♪涼しくなって良かったと思ったものの、そろそろウイルス性胃腸炎やインフルエンザの季節。...

↓キューピーの除菌スプレーについては公式サイトを覗いてみてください!↓










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

3歳の息子、0歳の娘、夫との4人暮らし。
現在、育児休暇真っただ中。
産休、育休中に自宅で仕事ができるようになりたいと日々勉強中。
理系国家資格を持つが、子供とできるだけ過ごしていたいので、在宅ワークができるようなスキルが欲しいと思っている。
流行のコスメ、サプリメント、雑貨などが好きで、モニターが趣味。