出生届を提出しました。そもそも「出生届」の期限っていつまで?赤ちゃんが生まれたら提出する出生届!

出生届は、赤ちゃんが誕生してから2週間以内に子の出生地・本籍地又は届出人の所在地の市役所,区役所又は町村役場に届け出ることになっています。
(国内で出産した場合です。)

わたしは、病院で出生証明書を書いていただき、退院時にいただけるので、出生届を提出するまでの期間は14日-5日(入院期間)の9日間です。
そう考えると結構忙しいですね…。

名前を前もって決めておけばいいのですが、やっぱり変えたい!となったらあまり考えている余裕はありません。

ちなみに、出生届を提出できる人も決まっています。
子供の父,母,同居者,出産に立ち会った医師・助産師さんなどが提出することができるんですね。
友人がっていうわけにはいかないようです。

先日、わたしは市役所に提出してきました!
わたしの住んでいる市は、出生届を公民館に提出することもできるのですが、市役所に提出すると記念証がもらえるのです。
息子の時は、まだ記念証は無くて、公民館に提出してしまいましたが、今回の娘の出生届は市役所に行ってきました。
色々な書類も、コンビニでもらえるようになったし、公民館で手続きもできるようになったので、市役所に行くのは久し振りです。
ただ、市役所はやっぱりまだ赤ちゃん連れの人には利用しにくい…。
公民館の方がベビーベッドがカウンターのすぐ近くにあったりで使いやすい気がしました。
新生児を抱っこしたまま記入したりするのは結構大変です。
(この辺をちょっと市役所の方も工夫してもらえれば、もっと市役所を利用しやすくなると思うのですが。)

出生届と一緒に、子供医療助成制度の申請と、子供手当の申請をしていってくださいと言われて、そちらの申請もしてしまいました。
職場にも行って、産休、育休の申請書を提出。
名前が決まると、いろいろな書類が提出できます。

娘は、まだ産まれてから11日しか経っていませんが、だいぶ顔も変わってきた感じがします。
少し大きくなったような??子供の成長は早いです。

母乳の出も良くなり、射乳が出るようになりました。
これで、授乳をすると、胸のハリがかなり改善されます。
射乳が出るまでは、授乳をしても胸のハリはあまり良くならず痛いままでしたが、近頃は1回の授乳で胸の痛みはかなり良くなるようになりました。
ただ、自分ではどの程度母乳が出ているのかわからないので不安になることもありますが、とりあえず1回の授乳後に2~3時間は寝てくれているのでお腹いっぱいになっているんだろうと思っています。

2週間検診が29日にあるので、その時におっぱいの検査があり、どのくらい母乳が出ているのか調べるそうです。
息子の時も2週間検診があったと思いますが、その頃は育児に必死でどんなことをしたのか、検診に行ったのかさえ覚えていません(笑)
1か月検診は市の職員の方が来てくださった記憶がありますが…。
とにかく、1人目と2人目ではこんなにも気持ち的に違うものなんだと思ってしまいます。
今は、気持ち的に余裕があるってことですね。

陣痛が来るまでは、陣痛が不安で不安で仕方無かったのですが、産まれてしまえばそんなことも忘れてしまうのも不思議な所。

とりあえず、娘の名前も決まったし、良かったです。
息子の時は生まれてから名前変えようかとかバタバタしていたのですが、娘は生まれる前に決めていた名前がそのまま付いたのですんなり手続きできました。
2週間って結構短いので、みなさん子供が生まれたらすぐに手続きしてくださいね♪

Misato

投稿者プロフィール

2児のワーキングマザー。
いつまでもキレイでいたいという思いから、ブログを開始。
子育てママさんにも使いやすいコスメを紹介しています。
実際に使ってみたからこそわかる情報を発信中!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. エイジングケア成分として話題のプラセンタ。 わたしも、今までプラセンタ配合の化粧品を何種類も使って…
  2. 美容目的で「ヒルドイド」を処方してもらう女性が多く、医療費高騰の原因になっているというニュースを目に…
  3. 2019年、今年はなんとしてもシミ・そばかす対策をしたい!そう決めている方に朗報です! 今、話題に…
  4. 30代後半から増えるお肌の悩み。 毎日ケアしているつもりなのに、なぜこんなにもお肌の状態が悪くなっ…

Rankingに参加中

全てのカテゴリー

アーカイブ

閲覧数

  • 167440総閲覧数:
  • 245今日の閲覧数:
  • 669昨日の閲覧数:
  • 2017-02-08カウント開始日:
ページ上部へ戻る