【難病】チワワのチョコが炎症性腸疾患(IBD)になってしまったようです。【一生薬と付き合うのかな】

最近、あまり書いていなかったチョコのこと。
元気です!と言いたいところですが…。

何だか、年末くらいから調子が悪い。
以前にも、手作り食にしたりと試行錯誤していることを書いていたのですが、やっぱりお腹の調子が悪いのです。
どうしてこうなってしまったのか、今日はチョコのことを書いてみたいと思います。


↑今日のチョコ。カメラを向けると目を閉じるクセがあります。

手作り食と一緒にあげていたクリニカルダイエット(栄養価が偏らないように)。
ダイエットと言っても、減量するための食事では無くて、たんぱく質を細かくしたアレルギーのワンちゃんでも食べられる食事です。

ちゃんと獣医さんと相談して食べさせてあげてくださいね。

これを2年くらいかな?食べていた気がします。
ただ、アレルギーってわけでは無くて、お腹が弱いのでいろいろな食事を試してきた結果、この食事に落ち着いたって感じ。

が!!
年末からなんだかチョコの様子がおかしい。
お腹がキュルキュル鳴ることは何度かあったのですが、ここのところ2週間に1度くらいこの腹痛がチョコを襲ってくるようになりました。

キュルキュル音が聞こえたらすぐにかかりつけのお医者さんに行きます。
いつものように、整腸剤をもらっていましたが、あまりに高頻度でお腹が痛くなるため、また食事を変えて(1月から)、それからステロイドの治療(2月から)をしてみようということになりました。
もし、5日間ステロイドを飲んで症状が改善したら「炎症性腸疾患(IBD)」の可能性が高いとのこと。

最初にこの病名を聞いた時は…ん??
なんだろう?炎症性腸疾患って??ってもう頭の中パニックです。

何となく、腸が悪いのかな?とは思っていました。
便の色があまり良くないし、もしかすると「潰瘍性大腸炎」のような感じかもって。
安倍総理の病気と同じで、腸の病気なんじゃないかな?って。

そしたら「炎症性腸疾患」と言われ、今まで聞いたことのなかった病名だし、家に帰ってからいろいろ調べました。先生に聞いても、もう頭に入らなかったので…。
簡単に言えば、慢性的に胃腸炎になっている状態らしいです。
頻繁に下痢や嘔吐を繰り返す病気とのこと。
ただ、チョコは整腸剤で症状が改善してきていたので「炎症性腸疾患」と言っても、おそらく軽い方だろうと。
炎症性腸疾患だと病名が付くには内視鏡で検査をして、確定診断をするしかないようです。でも、この内視鏡では全身麻酔をしなければならないので、もちろんチョコにも負担がかかります。
血液検査をしても、初期にはほとんどわからないとか。血液検査の結果に何か出てくるころには症状はかなり進行しているらしいです。

まぁ、ついに、この時(ステロイド治療)が来たか…。という感じ。
実家にいたパグちゃんがずっとステロイドを飲んでいたので(耳の中の炎症がひどかったので…)効果などは知っています。
ただ、あまりいいイメージが無い

チワワなので、小さい体にだいぶ負担がかかってしまいそうで、怖いのです。
先生は「長期間使うわけでは無くて、短期間ならばとても良く効くし、怖い薬ではない」と言っていました。

まずは、腹痛で震えているチョコにステロイドの注射。
次の日から1回5mgの錠剤を飲ませる治療が始まりました。
5日間継続するように言わていましたが、飲み始めて2日目くらいでしょうか?
水分を飲む量がハンパ無い!!
1日400mLくらい水を飲む。体重3kgちょっとなのに。
かなり水分を補給するので、オシッコの回数もすごいんですよね。
ペットシーツ(トイレシート)を1日に何度交換したのかわからないくらいオシッコをします。
それに、お腹のすごい張り。
心配でいろいろ検索してしまいました。ステロイドの副作用…。
多飲多尿腹部膨満すべてステロイドのせいでした。
ただ、あまりに心配だったので、獣医さんに電話で聞いてみると、薬を辞めれば元に戻るから安心してこのまま薬を続けるようにって言われました。
続けるようにって言われても、本当に心配になってしまい、気が気ではありません。
ステロイドを飲み始めて4日目、お腹の張りが無くなりました。
身体がステロイドに慣れてきたんだと思います。
5日間飲むように言われましたが、4日目の朝、チョコの声が出ていないことに気付き、ちょっと早めですが病院を受診しました。
声がれの原因はステロイドではなさそうです。
前日、食事を1度詰まらせてキャンキャン鳴いたので、それが原因のよう。
あまり噛まずに食べるので、喉に痞えてしまったらしい。
触っても痛がらないし、食欲も落ちていないので声に関しては様子見になりました。

お腹の調子が良くなっていたので、いったんステロイド治療は中止です。
短期間だったので、減薬などするわけでは無く、そのまま中止になりました。

帰りにいつももらっている整腸剤を10日分もらって、お腹が痛くなりそうな時に飲むように言われました。

その後、数日お腹の調子が良かったのですが、やっぱりまたお腹がキュルキュルして震えだすんです。
下痢はしていません。
お散歩に行って、ウンチをしても、普通便。ちょっと黒っぽいかな?って感じです。
すぐに病院に行き、またステロイドの注射を打ってもらいました。
お腹が痛くなると、チョコは何も食べなくなるので、お薬をもらったところで飲ませることができません。
お水すら飲まなくなります。

その日は、注射を午前中にしたものの、午後になっても震えが止まらず…。
何も食べません。
常備していたディアバスターを飲ませました。
ディアバスターは家に常備しています。
ステロイドの注射では腸の炎症を抑えていますが、痛みが良くならないみたい。
前に、ディアバスターは、腸の出血も抑えるし、腸の痛み(腹痛や疝痛)も抑えると聞いて処方してもらったことがあります。
それからというもの、我が家はディアバスターは常備薬として置いてあるのです。
本来は下痢止めですが、我が家は腹痛時に使用しています。(チョコはここ数年下痢にはなっていないので…)
チョコは3kg以上あるので1回1錠1日2回ですが、半錠程度でいつもお腹の痛みが良くなります。
ディアバスターを飲ませてから、1時間程度で食欲が戻りました。

ご飯も完食です。
現在のチョコのご飯はブルーバッファローのGI 消化器サポートです。

手作り食を中止して、このご飯で様子を見ています。

今日でステロイド服用3日目。
また多飲多尿と、腹部膨満
いつもより元気もない感じ。
食欲はあるし、散歩にも行く。でも寝ている時間も長い。
だるいのかなぁ…と心配になりますが、ふと息子の靴下を咥えて(とにかく息子の靴下が大好きなのです・・・なぜ?)しっぽをフリフリしていることもあって、おなかの調子はいいんだろうなって気がします。

でも…。
昨日もずっと悩んだんですよ。
夜中寝ないでネット検索。
このままお腹が痛くなるたびにステロイドに頼る生活でいいのかな?って。
もっともっとこの炎症性腸疾患がひどくなると、下痢や嘔吐が続き、痩せていくっていうじゃないですか。
そんなの嫌だって。
何とか今のうちから防げないのか?と思い、「炎症性腸疾患(IBD)」で検索すると結構闘病ブログがヒットするんです。
わたしが知らなかっただけで、結構この病気と闘っているワンちゃんって多い。中には天国に行ってしまったワンちゃんもいました。
逆に、すごいやせ細ってしまったのに劇的に回復しているワンちゃんもいる。

その中で気になったのが「ナノワンリセット」というサプリメント。
炎症性腸疾患のワンちゃんが結構飲んでいる(食べている)んですよね。
このナノワンについて昨日は夜中ずっと調べていました。(というわけで、今日はほとんど寝ていません…汗)
金額もちょっと高いので、途中で離脱してしまった方もいましたが、ナノワンでウンチの調子が良くなったという方もいました。
チョコのような黒っぽい便が健康的な茶色い便になったという体験記もありました。

これ、チョコにいいんじゃない?と思い、勇気を出して受付時間と同時に電話で問い合わせ。
現在、風邪をひいてしまい、声が出ないわたしですが、なんとかガラガラ声で話をしてみると、かなり細かく相談に乗っていただけました。
どうしてお腹がキュルキュル鳴ってしまうのかなど。
チョコは好き嫌いが激しいので、食べられるかどうか心配だということも伝えました。
やはりこれは個体差があるようで、食べられない場合はスポイトなどであげるしかないようです。

ナノワンリセット詳しくはこちら→→https://dog-nanowan.com/
もう悩んでいる時間は無い。
あんなにお腹が痛くて震えている姿を見るのはつらいので、さっそく注文してみました。
日曜日には届けていただけるようです。

今回から、炎症性腸疾患の闘病記が始まりますが、同じようなお腹の症状で悩んでいるワンちゃんも多いはず。ぜひチョコの記録も読んでいただきたいです。
チョコが少しでも快適に過ごせるように、わたしはただチョコに合う治療法を探すのみ。
ステロイドをあまり使わなくても大丈夫な身体になるように、できることはすべてしてあげたいと思っています。

1日でも早くチョコがこの腹痛から解放されることを願って…。

ABOUTこの記事をかいた人

使用コスメ500種越えの美容マニア。 子育て中でもキレイでいたいと思い、日々美容の研究をしています。 コスメモニターが趣味。 同じく子育て中の女性に使っていただきたいコスメを主に紹介しています。 毎日の子育て生活の中で、実際に役に立ったこと、疑問に思ったことなど子育てお役立ち情報もアップ中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA