激安コスメで話題!コスパ最強美容ジェル!ココエッグたまご保湿ジェルで乾燥小じわ対策!

今、ネットで話題になっているココエッグ リンクルモイストジェル たまご保湿ジェル
なんと言っても、内容量が180gも入っているのに、1000円以下というコスパ最強のオールインワンジェル!!

ただ、値段が安いだけで、効果はどうなの??と気になっている方も多いはず。
そんなあなたのために!!
今日はわたしが実際に使ってみたので、購入する前の参考にしてみてくださいね♪

ココエッグ リンクルモイストジェル たまご保湿ジェルとは?

「たまご」と名前にもあるように、卵殻膜エキスを高濃度に配合しているジェルです。
卵殻膜って何かと話題になることが多いですが、化粧品に配合されている場合は、保湿が期待できるんだとか!!
卵殻膜ってヒアルロン酸や、コラーゲン、アミノ酸で構成されているから、美容成分もたっぷり。
食品からできている成分っていうのも、わたしは使いやすいなと感じますね。

しかも!
安心の香料、着色料、オイル、界面活性剤は配合されていません。そのため、敏感肌の方へも低刺激!!
(すべての方にアレルギーが起きないわけではありません。)

それに、わたしが驚いたのは、この内容量でなんと1000円以下で買えてしまう!というコスパの良さ。
高い化粧品って、どうしてももったいなくて少しずつ少しずつ…ってちょびちょび使ってしまうことがあるけれど(わたしだけ??貧乏性なので…)これならば、気にせずに顔、首、デコルテなど乾燥の気になるところに惜しみなく使える(笑)

実際に34歳子育て主婦がリンクルモイストジェル たまご保湿ジェルを使ってみた!

口コミはとても高評価の様子。
確かに、こんなに使えてこの価格。主婦には嬉しい限り!!
これでちゃんと保湿ができれば文句なしです!!

容器の裏側はこんな感じ。
〇乾燥小じわを目立たなくする
〇ベタつかず、しっとりうるおい
〇肌にやさしく、たっぷり使える
というのが、売りのよう。

蓋を開けると、中蓋がありました。
これを取って…

はい!中身はこんな感じ。
着色料無添加なだけあって、ジェルは本当真っ白!!


ジェルも、柔らかめで、プルプルしていました。
触った感じ、特に香りはありません。(香料は入っていません!)

手に塗ってみましたが、ジェルなので本当に伸びはいいです。
少量付けたつもりでしたが、多過ぎたみたい。

この量で、腕の方までしっかりと塗ることができました。

塗り込んでいると、すぐにキレイに無くなってしまいます。
オイルフリーなので、ベタツキは確かに無い!!
保湿力はある気がしますが、やっぱりこの後に、卵殻膜成分をお肌に閉じ込めたくはなります。
この保湿ジェルの後には、乳液、クリームなどを使ってしっかりと肌を整えた方がよさそうです。

ただ、ココエッグ 保湿ジェルを使い始めて、わたしの最近の悩み…

頬の乾燥がだんだんと消えてきたかも??と思います。
使っているのは、

化粧水→ココエッグ 保湿ジェル→乳液→保湿クリームです。

かなりさっぱりはするので、乾燥がひどい日はクリームが必要にはなりますが、いつものクリームにプラスでケアするには総合的に考えてもとても使いやすい化粧品だと思います。

なんと言っても、価格が主婦の味方!!

この価格で卵殻膜エキス配合のコスメが使えるというのは何ともありがたいと思いました。
他にも、クレンジングや、化粧水なども販売されているようなので、見かけたら一緒に使ってみたいと思える化粧品でした!

ココエッグ気になるけど、保湿ジェルってどうなの?と思っているあなた!!
これは、買って損は無いと思いますよ♪

 

今回は、ネシーンズさんのブログリポーターに参加させていただきました。

ありがとうございましたm(__)m

ブログモニターに興味のある方は、ぜひブロネットにアクセスしてみてくださいね!
商品モニター、ブログリポーター専用のサイトは「ブロネット(Blonet)」で!

Misato

投稿者プロフィール

2児のワーキングマザー。
いつまでもキレイでいたいという思いから、ブログを開始。
子育てママさんにも使いやすいコスメを紹介しています。
実際に使ってみたからこそわかる情報を発信中!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Translate:

ピックアップ記事

  1. 今日は、ちょっとした疑問に答えてみたいと思います。 先日書いたように、日本で使える美容液としては「…
  2. 手術が成功してから、ひたすら出血が続いていました。毎日生理3日目くらいの出血。 ずっと子宮に溜まっ…
  3. 30代半ばになり、最近、傷ができると、その後、傷がきれいに治らないのです。 色素沈着しちゃうと、傷…
  4. ヒトプラセンタっは、日本では注射薬(メルスモンなど)しか認可されていないので、ヒトプラセンタの配合さ…

Rankingに参加中

全てのカテゴリー

アーカイブ

閲覧数

  • 182420総閲覧数:
  • 460今日の閲覧数:
  • 405昨日の閲覧数:
  • 2017-02-08カウント開始日:
ページ上部へ戻る
Translate »