ニキビや肌荒れを防ぐファンデーション?!dプログラム  薬用 スキンケアファンデーションを使ってみた感想

スポンサーリンク
ママ向けおススメ美容

かなり乾燥していますが、お肌の状態はいかがですか?
夜中にお肌の水分が無くなり、朝かっさかさ…なんてことになっていませんか?
そんな状態で困るのが、「ファンデがのらない」ということ。

肌が乾燥していると、ファンデがどうしても粉ふいてしまうことがあります。
それって、乾燥肌が原因でもありますが、季節にあったファンデを使うことも大切。

ファンデーションには、「通年(オールシーズン)タイプ」とか、「春・夏タイプ」とか季節で別れているものもあるので、うまくメイクができないと感じる場合には季節に合っているものを使っているのか確かめてみてくださいね。

資生堂 dプログラム 薬用スキンケアファンデーションの特徴は?

わたしが今回使ってみたのは、d プログラム 薬用 スキンケアファンデーション(パウダリー) です。
dプログラムと言えば、肌悩み別の化粧水というイメージでしたが、ファンデーションも販売されているとは知りませんでした。

ファンデーションを付けているだけで、ニキビや肌荒れを防ぐスキンケア効果があり、なめらかな素肌へと導いてくれるというこちらの商品。
SPF17・PA++(紫外線吸収剤不使用)で、オールシーズン使用できるファンデーションです。

乾燥が気になるこの季節にも、しっかりとお肌にフィットしてくれるというので、期待して使ってみました♪

dプログラム 薬用スキンケアファンデーションの使用感は?

コンパクトにセットしてみるとこんな感じになりました。
デザインはとてもシンプルですね。
うっすらとdプログラムの「d」の文字が見えます。

↑蓋を開けるとこんな見た目。
ファンデーション自体はしっとりしている感じがしました。

実際に使ってみると…

うぅ~ん、ちょっとファンデがのりにくい?気がしました。
粉っぽいというか、なんというか…。

やっぱりお肌が乾燥しているとパウダーファンデは無理かなぁと感じてしまいます。

が!!

ちょっとお肌をクリーム等でしっとり保湿させてから使うと…

驚く程にお肌にフィット!!
これが人気の理由か!と納得です。

やっぱり、どんなに人気のオールシーズン用ファンデーションでも、自分のお肌が乾燥しているとファンデはのらないみたい。

水は使用しないタイプでしたが、ちょっとお水があった方が使いやすいと感じました。
dプログラムを使った後のお肌は、とてもふんわりして見えます。
お肌の凸凹も目立たなくなる気がして、1日気分良く過ごすことができました。

肝心の化粧崩れは…
全く無し!
大丈夫です。

実際に使ってみた正直な感想は、「化粧水だけでは使いにくいので、良く保湿してから使った方がいい」ということ。
肌にフィットした感じはとてもいいので、使い方を工夫して、ぜひこのふんわりフィット感を体感してみて欲しいと思います♪

今回は、d プログラムさんのブログリポーターに参加させていただきました。ありがとうございましたm(__)m

ブログモニターに興味のある方は、ぜひブロネットにアクセスしてみてくださいね。
商品モニター、ブログリポーター専用のサイトは「ブロネット(Blonet)」で!

コメント

タイトルとURLをコピーしました