女性の7割が悩んでいるデリケートゾーンの黒ずみ。クリームで黒ずみが消えるって本当?

出産をすると、急にデリケートゾーンや、体の他の部分が黒ずんでくる…なんてことがあります。
ホルモンバランスの乱れだったり、下着の摩擦だったり…黒ずみの原因はさまざま。
原因はいろいろあっても、できてしまった黒ずみを完全に消すって実は大変なんです。
すぐに消えるのならば、女性の7割もの人が悩んではいない!
何をしてもなかなか消えない黒ずみ。
そんな悩みを抱えている産後ママさんにもオススメの黒ずみ対策クリームがわたしが愛用しているあのサイトで販売されていました。少しでもデリケートな悩みが解決できるよう、今日は黒ずみ対策クリームの話を書きたいと思います。

フライビシット、リンパマッサージセルライトスパッツを販売しているサイトで黒ずみ対策クリーム?

ピュアシークと言えば、わたしの愛用している下着を販売しているサイト。
CHECK骨盤矯正ショーツ「フライビシット」が届いた!口コミの内容は本当なのか?実際に自分で履いてみた感想大公開!
CHECK14日でセルライトが消えるのか?本物のリンパマッサージセルライトスパッツを履いてみた口コミ体験レビュー♪
CHECK本物リンパマッサージセルライトスパッツを2週間履いたらわたしのセルライトは消えるのか?

このサイトで黒ずみ対策ピュアシーク ピュアピンキークリーム が販売されているじゃないですか!
いつも愛用していたサイトなのに今回モニターさせていただくまで気づかなかった…(汗)

ピュアピンキークリームで黒ずみが消える?


ネットで販売されているだけでは無くて、麻布のサロンなどでも使われているというこちらのクリーム。

なぜ黒ずみに良いのか?と言うと…
肌細胞高代謝化作用に秘密があるのです。

肌のターンオーバーの乱れを抑制して、メラニンの排出を強制的に行うことで
黒ずみの原因を徹底排除

さらに、美白成分を浸透させ黒ずみを取り除き
クリアな素肌へと導きます

クリームに配合されている有効成分は?

保湿抗炎症作用
サクラ葉抽出液、ダイズエキス、トラネキサム酸

保湿美白効果
オウゴンエキス、ヒアルロン酸ナトリウム、ローズ水

炎症抑制効果
カモミラエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、乳酸ナトリウム液

ピュアピンキークリームはいつ塗ったらいいの?

1日1回いつでも使用することができます。
効果的な使い方は「夜就寝前」です。
浸透作用効果が高まるのでいつ使おうか悩んだ時には「寝る前」に使ってみてくださいね。

ピュアピンキークリームはデリケートゾーンにしか使えないの?

デリケートゾーンの黒ずみ対策に使えるクリームですが、もちろん全身に使うことができます。
例えば、腰周り、ビキニライン、ひざ、乳首などにも使用OKです。

実際に使ってみました。使い心地は?


キャップはこんな感じです。
さっと開けられるのでとっても便利。


中身は白いクリームでした。
ちょっと柔らかめかな?という感じ。


手に伸ばしてみるとわかりやすいかと思いますが、かなり伸びはいいです。
乳液に近い感じがしました。

それでも、塗った後はとてもしっとりします。
普通にボディクリームとして使ってもいいくらい。
デリケートゾーンに使ってみても、ヒリヒリしたりはありませんでした。とっても優しい使い心地です。
皮膚の薄い所にも使えるクリームと言うことは、顔にも使えるだろうか?と試しに塗ってみましたが、これも問題なし!!
本当に全身に使えますね。

わたしは、デリケートゾーンと、ヒジの黒ずみ対策として続けて使ってみることにしました。
まだ使い始めて2週間なので効果がハッキリとはわかりませんが、フライビシットの会社が販売しているので信頼して使っていきたいと思っています♪
夏までにヒジの黒ずみが少しでも消えてくれればいいのですが…半袖になるので黒ずみが気になる季節です…。

今回はインフィックスさんのブログリポーターに参加させていただきました。ありがとうございましたm(__)m


ブログモニターに興味のある方は、ぜひブロネットにアクセスしてみてくださいね。
商品モニター、ブログリポーター専用のサイトは「ブロネット(Blonet)」で!

Misato

投稿者プロフィール

2児のワーキングマザー。
いつまでもキレイでいたいという思いから、ブログを開始。
子育てママさんにも使いやすいコスメを紹介しています。
実際に使ってみたからこそわかる情報を発信中!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. エイジングケア成分として話題のプラセンタ。 わたしも、今までプラセンタ配合の化粧品を何種類も使って…
  2. 美容目的で「ヒルドイド」を処方してもらう女性が多く、医療費高騰の原因になっているというニュースを目に…
  3. 2019年、今年はなんとしてもシミ・そばかす対策をしたい!そう決めている方に朗報です! 今、話題に…
  4. 30代後半から増えるお肌の悩み。 毎日ケアしているつもりなのに、なぜこんなにもお肌の状態が悪くなっ…

Rankingに参加中

全てのカテゴリー

アーカイブ

閲覧数

  • 165914総閲覧数:
  • 56今日の閲覧数:
  • 672昨日の閲覧数:
  • 2017-02-08カウント開始日:
ページ上部へ戻る