透明肌、美肌になりたい!!オールインワン美容液「BIHAKU」ってどうなの?使ってみた感想大公開!

今日は、わたしの大好きなフラーレンの入っているオールインワン美容液「BIHAKU」を使ってみました。
フラーレンが配合されているのにオールインワン!!すごいです♪
わたしが使ってみた「BIHAKU」はこちら↓↓
BIHAKU

「BIHAKU」って何??

4つのアプローチで敏感肌、年齢肌にまっさらな輝きを!!

フラーレン

肌本来の透明感を引き出してくれるフラーレン。
注目の成分フラーレンは1966年ノーベル化学賞受賞した成分です。
肌荒れを防ぎ、透明感のある肌に導いてくれるわたしの大好きな成分の一つです。
この「BIHAKU」も、もちろんフラーレンマーク「R.S™」がついています。

APPS

APPSとは、水溶性ビタミンC誘導体の「即効性」と、油溶性ビタミンC誘導体の「浸透力」を併せ持つ進化型のビタミンC誘導体。従来の水溶性ビタミンC誘導体に比べ約100倍(アスコルビルグルコシドとの比較)の浸透力のあるAPPS。
肌の奥までしっかりと浸透し、長時間とどまりながらハリと弾力を与え、キメの整った透明感のある肌へ導いてくれます。

幹細胞エキス

お肌のたるみを引き締め、キメの整ったなめらかな肌へと整えてくれます。
また、ハリ感の失われた年齢肌に、みずみずしさやハリを与えます。

プロテオグリカン

ヒアルロン酸の1.3倍の保水力があると言われているプロテオグリカン。
この成分のおかげで肌の潤いを逃しません。
プルンッとハリのあるキメの整ったみずみずしい肌へと導いてくれます。

こんなにお肌にいい成分が入っているのにオールインワン!どんな方にオススメかと言うと…。

●どんな化粧品を使っても、カバーできない
●過去の日焼けを後悔している
●忙しくてスキンケアにかける時間がない
●年齢肌が気になりだした
●肌の潤い不足を実感している
●敏感肌でも使える美容液がほしい
●何を使っていいのかわからない

1つでも当てはまるものがある方は、ぜひこのまま読んでみてくださいね♪

「BIHAKU」を使ってみました!

BIHAKU
箱を開けると、こんな感じの円柱の容器が入っています。いたってシンプルなデザイン。

BIHAKUフラーレンマーク
フラーレンのマークもしっかりと印刷されています。

BIHAKU
見ただけではオールインワン美容液だとは思いません。

使い方は、洗顔後に化粧水の後使用するだけでOK。1回に2プッシュくらい使用するそうです。

手にとっても、特に香りはありません。
敏感肌の方も使えるように、
パラベン、合成香料、合成着色料、鉱物油は不使用です。


顔に塗ってみると…
本当に伸びがいい!!

2プッシュで量が少なかったのですが、特に少なすぎるなんてことは無く、顔全体と、デコルテまで塗ることができました。
乾燥が気になる場合は、この美容液の後に手持ちの乳液や、クリームを使用しても良いと書いてありましたが、わたしには必要ありませんでした。この美容液のみで、お肌は十分しっとりします
手のひらにお肌が吸い付くような感じがしました。でも嫌なべたつきなどはありません。
数分すると、肌にスーッと中に入っていくのかしっとりしているのに、なんだかサラサラになるんです。

BIHAKUの定期コースって?

定期コースに申し込むと初回限定ですが1980円(税別)で購入することができます。ただ、毎月先着300名限定!!

もちろん、合わなかった場合は、途中解約OK。回数の縛りは無いそうです。

わたしは1本使ってみて、だいぶお肌の調子がいいのでこのまま続けていきたいと思いました。
化粧水の後に、これだけでいいっていうのも楽でいいですね。夜使うと、次の日の朝までしっとりしているのも乾燥の気になるこの時期にはうれしいです。

美容液についての詳しい内容は、公式サイトの方が見やすいので、ぜひチェックしてみてくださいね。
公式サイトはこちら→→美容液【BIHAKU】



Misato

投稿者プロフィール

2児のワーキングマザー。
いつまでもキレイでいたいという思いから、ブログを開始。
子育てママさんにも使いやすいコスメを紹介しています。
実際に使ってみたからこそわかる情報を発信中!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Translate:

ピックアップ記事

  1. 今日は、ちょっとした疑問に答えてみたいと思います。 先日書いたように、日本で使える美容液としては「…
  2. 手術が成功してから、ひたすら出血が続いていました。毎日生理3日目くらいの出血。 ずっと子宮に溜まっ…
  3. 30代半ばになり、最近、傷ができると、その後、傷がきれいに治らないのです。 色素沈着しちゃうと、傷…
  4. ヒトプラセンタっは、日本では注射薬(メルスモンなど)しか認可されていないので、ヒトプラセンタの配合さ…

Rankingに参加中

全てのカテゴリー

アーカイブ

閲覧数

  • 182370総閲覧数:
  • 410今日の閲覧数:
  • 405昨日の閲覧数:
  • 2017-02-08カウント開始日:
ページ上部へ戻る
Translate »