生理が臭い!周りに自分が生理だとニオイでバレる?!実際に経験したニオイの恐怖と対策方法。

手術が成功してから、ひたすら出血が続いていました。毎日生理3日目くらいの出血。
ずっと子宮に溜まっていた血です、それがものすごく臭う…。
自分でも感じるくらいのニオイ。
それが、生理の日になり、もっと出血が多くなりました。
洋服を着ていてもニオイがヤバイ!!
それくらい臭いのです。今まで、自分の生理がこんなにも臭ったことは無かったので、本当恐怖でしかないと思いましたね。
お風呂に入れば、ものすごいニオイがお風呂中に充満します…。
これが、嫌で嫌でデリケートゾーンなのに、ゴシゴシ洗う…という日々を繰り返していました。
仕事に行くのも、本当に怖くなり、隣で話をしてくる同僚にニオイがバレないか冷や冷やする毎日。
そこで、思い出したのがデオシーク!!

デオシークの消臭スプレーを職場の下駄箱に置いているわたし。
これを見て、ハッとしたんです。
生理の日こそ、デオシークの出番なんじゃないかな?って。
最近は、汗もかかなかったし、生理もずっと無かったので(病気だったので…)ニオイ対策を怠っていましたが、生理も再開したし、そろそろ春が来る。
ニオイ対策をまた始めなければい季節じゃないですか!

ということで、またデオシークを再開しました。

生理中のニオイが気になる時に気を付けたこと

ナプキンは通気性のいいものを使う

蒸れることで、雑菌が繁殖してしまい、ニオイの原因になることがあるそう。
特に、冬は、何枚も重ね履きしてて以外にデリケートゾーンは蒸れがちなのです。
夏はもちろんですが、冬でもデリケートゾーンは通気性良く、蒸れない対策が必要。
ニオイが気になって、何枚も下着や、パンツを重ねてニオイが浸透しないように…なんて多いがちですが、逆効果です!!
ナプキンは、とにかく通気性のいいものを選んでください。

こんな感じのものがいいと思います。

サニタリーショーツはコットンタイプを使う

漏れないタイプなど、色々なショーツがありますが、とにかくわたしは通気性で選びました。
ショーツを売っているお店でもいいので、とにかく通気性がよさそうなコットンタイプのショーツに買い替えました。

寒い日にショーツ、ガードル、パンツ、カイロを使っていましたが、カイロはやめて、腰からデリケートゾーンがとにかく汗をかかないように気を付けました。
外出で、外にいる時間が長い時は、カイロをもって行ったりはしましたが、お腹や腰に貼ることは止めました。

デリケートゾーンをゴシゴシ洗わない

デリケートゾーンにはもともと常在菌がいて、悪い雑菌が繁殖しないようにしてくれているそうです。
つい、ニオイが気になってわたしは毎日ゴシゴシしていたので(本当に悪いとわかっていたのですが、もうニオイがきつ過ぎて洗わずにはいられない)、これを思い切って辞めました。
ゴシゴシしていたせいで、常在菌も洗い流してしまっていたし、乾燥させて黒ずんでしまう原因にもなってしまいます。
ゴシゴシしないでお風呂を出るって結構勇気のいることですが、絶対にゴシゴシしてはいけない!!
ニオイが逆に強くなってしまう原因です!!
(わかっているのですが、本当にニオイで悩んでいると洗いたくなってしまいますよね…。)

ビデは使わない!

生理なので、ついつい毎回ビデしたくなってしまいますが、これもニオイがきつくなる原因。
ビデするたびに、せっかくの常在菌がいなくなってしまいます。
常在菌がいなくなってしまうということは…→雑菌が繁殖し放題!ということ。
トイレ数回に1回くらいだったらいいですが、毎回ビデでキレイにする~~♥なんてことはぜーーーったいにダメです!

わたしは、生理中ビデの使用を一切辞めました。

デオシークボディーソープでデリケートゾーンを洗う

デオシークボディーソープは、体臭が気になる方でも使えるような医薬部外品ボディーソープです。

これでとにかくデリケートゾーンを洗うようにしました。
デリケートゾーンにはデリケートゾーン専用の石けんがいいかな?とも思いましたが、生理のニオイがとにかくきついので、以前使ったことがあって、しっかりと効果の高いものが使いたかったので、わたしはデオシークにしました。
ちゃんと殺菌作用もあるし、ニオイを抑えてくれる作用もある。
それに、とにかくモチモチ泡ができるので、デリケートゾーンを洗っても傷つけない!というのがいいですね!!

↑この緑色のボディーソープに本当にお世話になっています。
デリケートゾーン専用の石けんは、黒ずみ対策などにも使えるので、保湿できるような工夫もされています。
デオシークは…?!

大丈夫なんです。

しっかりと保湿成分が入っているので、デリケートゾーンの保湿対策もバッチリです!

これでニオイはもう気にならないから大丈夫!なーーーんて思ってはダメ!
生理中はどんどん出血するし、ナプキンもあてているので雑菌が繁殖しやすい環境に変わりはありません。
日中の雑菌対策が必要です。

デオシーククリームを持ち歩いた

どれだけ心配性なんだよ!
そう思うかもしれませんね。
でも、実際にニオイで悩むということはこういうことなのです。
「恐怖」でしかない。

何もしてないのに、どんどん臭ってくるのです。
ただ、日常生活を送っているだけなのに、自分からニオイが出てきて、周囲に迷惑をかけてしまう。
自分では、迷惑をかけるつもりが無くても、自然にニオイが出てくるのです。

そこで持って行ったのが、デオシーククリーム。
ボディーソープと一緒に購入することができます。
わたしが使っていた方法がこちら↓↓

1、お風呂上りに2プッシュ、デリケートゾーンに使用して、就寝。
2、朝起きて、職場に行く前に2プッシュ使う。
3、お昼くらいに、ナプキンを交換したついでに2プッシュ使う。

1日3回使っていました。
これで、劇的にニオイが改善!!

今までの生理中のニオイって何だったんだろう??と思うほど。

クリームは、持ち運びにも便利な大きさで、ポーチにスッポリ入ります。
ナプキンを入れているポーチに入れていますが、全くバレません!

男性もいる職場なので、こんなニオイ対策品を持ち歩いているなんてバレたくないですからね。
ちなみに、1日6プッシュつかっても、1本で約1カ月使えるので、生理の時期だけ使っているならば、数か月持ちますね。
ただ、生理日以外の、「おりもの」のニオイもホルモンバランスによって臭う時があるので、このクリームはそういう時にも重宝します。

デオシークシリーズはどこで買えるの?最安値は?

今すぐ欲しい!!
どこで売っているの??気になりますよね。
わたしは、公式サイトから購入しています。
→→今すぐ生理中の嫌なニオイをどうにかしたい??ここに秘密が!

定期コースに申し込んでも、1回だけで中止したり、解約したりもできるので安心してください。
ちなみに、30日間隔でボディーソープとクリームが届くので、生理中だけ使うとなるとちょっと余ってしまうかも。
家族で使うにはいいかもしれませんが、自分ひとりだけで使う場合は、お届け予定日を変更したりもできるので、サポートに電話して相談してみてくださいね。
これからの時期は、デリケートゾーンもますます蒸れやすいし、汗をかく季節になります。
日常的にデオシークでニオイ対策してもいいかもしれませんね。

わたしは、夏場は毎日デオシークです!!
サプリメントも愛用しています(笑)

わたしの場合は、特別、手術で今まで溜まっていた血がず~っと出てくることで雑菌が繁殖してしまい、ニオイがきつかったのかもしれません。
それでも、ニオイでこんなにも他人と話すことが恐怖になるんだということを身をもって実感しました。
もし、この記事を読んでいるあなたが本当にニオイで悩んでいるならば、わたしも気持ちは良くわかりますよ!
怖いですよね。自分のニオイで他人に迷惑かけたくない。
パートナーに嫌われたくない!まわりに気を使わせたくない!などなど。
わたしもそうでしたから。

そんな時は、ぜひデオシーク使ってみてください!藁にも縋る思いでデオシークにすべてを託してみてください。
きっと、今までの悩みはなんだったんだろう?と思うほど、毎日が楽しくなりますよ。

わたしも、今でも出血は続いていますが、それでもニオイは気にならなくなりました。
これもすべてデオシークのおかげです♪

今までは、自分の汗のニオイ対策(予防的なもの)でお世話になっていたデオシークですが、今は大切は相棒的存在です。
これが無かったら、わたしはもう怖くて職場に行けない。友達にも会えなかったと思います。
そのまま夏になってしまったら…。
汗のニオイ、余計に蒸れたデリケートゾーン。
本当に恐ろしいことになっていました。

もう、自分のニオイに悩まないでくださいね。デオシークがあれば、ニオイの問題なんて、無かったことにできますから!

今すぐ自分のニオイをどうにかしたい!!
そんなあなたは↓↓
デリケートゾーンのニオイなんかでもう悩まないで!
解決策がココにあります!

デオシーク

Misato

投稿者プロフィール

2児のワーキングマザー。
いつまでもキレイでいたいという思いから、ブログを開始。
子育てママさんにも使いやすいコスメを紹介しています。
実際に使ってみたからこそわかる情報を発信中!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Translate:

ピックアップ記事

  1. 今日は、ちょっとした疑問に答えてみたいと思います。 先日書いたように、日本で使える美容液としては「…
  2. 手術が成功してから、ひたすら出血が続いていました。毎日生理3日目くらいの出血。 ずっと子宮に溜まっ…
  3. 30代半ばになり、最近、傷ができると、その後、傷がきれいに治らないのです。 色素沈着しちゃうと、傷…
  4. ヒトプラセンタっは、日本では注射薬(メルスモンなど)しか認可されていないので、ヒトプラセンタの配合さ…

Rankingに参加中

全てのカテゴリー

アーカイブ

閲覧数

  • 182355総閲覧数:
  • 395今日の閲覧数:
  • 405昨日の閲覧数:
  • 2017-02-08カウント開始日:
ページ上部へ戻る
Translate »