真水素series 真水素(シンスイソ)フェイスマスクを3日間使ってみた感想。細胞レベルのケアって??

話題の水素!なんとフェイスマスクもあった!!

株式会社Kyo Tomoさんの真水素フェイスマスクってご存知ですか?

世界初!!だそうです。

20分間のマスクを使うだけで、お肌のケアができちゃうらしいです!!

でも、水素って目に見えないし、マスクで本当に大丈夫??

疑問もありましたが、さっそく使ってみました。

今回は、このマスク3枚と、アドマイザーというスプレーの容器をいただきました。

このマスクをアドマイザーを使って、濡らすと20分以上水素を発生させてくれるとか!

エステ仕様と書いてあるので、とっても楽しみにしながら開けてみました。

真水素フェイスマスクの使い方って?

封を開けると、乾いたフェイスマスクが3枚入っていました。

本当にただの乾いたマスクです。

水素がついているのか??疑問です。色はありません。ただ、少し独特のニオイがしました。

これが水素のニオイ??

使い方がパッケージに載っていたので載せておきます。

1 アドマイザースプレーに温水または水を入れる。現在使っている美容液や、化粧水でもいいそうです。

2 袋からマスクを1枚取り出し、角のある方を左手に持って、顔に乗せる。

見えにくいかもしれませんが、マスクにこんな角がついていました。

この角を左手に持って顔に付けるようです。

3 アドマイザースプレーで水を吹きかけて20分間密着させる。

この間に水素分子が皮膚から浸透してゆくそうです。

4 フェイスマスクが乾いてきたら、水で湿らせる。

3日間連続の使用でお肌のコンディションが整うらしいですよ。

 

まず、アドマイザースプレーにお水を入れて準備!

その後、マスクを顔に密着させて…

ってここ難しい!

だって乾いているから密着できません

ちなみに…

↑ここがマスクの角です。

こんな感じで左側にすればいいようです。

左手でマスクを持ったまま、スプレーでお水をかけます。

すると…。

結構薄い??

お肌にやっと密着してくれました。

 

別に、スプレーでお水をかけずに、そのままマスクを直接濡らしてもいいそうなので、スプレーを使うよりはわたしは直接濡らした方が簡単でいいと思いました。

ただ、濡らした後のマスクはとっても柔らかくて薄いので広げるのが大変かもしれません…。

 

真水素フェイスマスクを20分間使ってみた感想は?

 

20分顔に付けていると、やっぱり乾燥します。

何度かスプレーで水をかける必要がありました。

でも、スプレーで水をかけていると、水も飛び散って大変です。

 

何とか20分…。

あれ??

顔が白い??

そんな気がしました。

他の方のレビューを見ていると、お顔がふやけているだけとか、いろいろ書かれていましたが、わたしはふやけた感じはありませんでした。

それよりも、お肌の中から白くなった気がします。

まぁ、わたしが勝手にそう思っているだけですが(笑)

 

2日目は、マスクを直接濡らして使用しました。

すると、スプレーで濡らしたときよりも、マスクに水分が多いので、乾燥する時間が長くなった気がします。

ただ、とってもマスクが薄いので何度か水をかけなければなりませんでしたが。

 

それでも、最初に塗れている状態の方が顔に密着させやすかったです。

3日目は、もう慣れたもので、すんなり使用できました。

3日間でお肌の状態が変わって効果がわかってくるようですが、正直あまりわかりませんでした。

3日間用よりは15日用も販売されているようなので、そちらを購入して続けて使ってみた方が良さそうです。
真水素フェイスマスク
↑詳しい商品の説明は公式サイトを覗いてみてくださいね!
Kyo Tomoファンサイト参加中









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

3歳の息子、0歳の娘、夫との4人暮らし。
現在、育児休暇真っただ中。
産休、育休中に自宅で仕事ができるようになりたいと日々勉強中。
理系国家資格を持つが、子供とできるだけ過ごしていたいので、在宅ワークができるようなスキルが欲しいと思っている。
流行のコスメ、サプリメント、雑貨などが好きで、モニターが趣味。